学校休業4月7日まで延長

高石市での小中学校の休業期間は明日まで、とされていました。明後日からは通常の春休み、つまりクラブ活動などは可能、だったのですが、残念なことながら「休業期間の延長」が発表されました。大阪府教育長から20日付で文書が届いたとのことです。そこには「大阪は感染が拡大している地域と認識している」と書いてあります。また「適切な対応を講じなければ多くの感染者が出る可能性がある」とも。

私はこの措置は妥当と考えます。最初は「子どもの居場所を何とか確保してほしい」と思っていました。しかし、ヨーロッパやアメリカなどでの急激な感染拡大を見ると、現時点で出来る限りの対策をとることは必須です。

【ドイツのメルケル首相の自国民へのメッセージ。「社会全体を害するであろうことを制限する必要がある」と】

一方で高石市では図書館、体育館(トレーニングジムを含む)、公民館、老人福祉センター(入浴施設を含む)、子育てステーションハグッドなどが『通常通りオープン』しています。堺市(施設閉館情報)和泉市(〃)泉大津市(〃)はそれぞれ図書館や公民館や老人福祉センター(老人集会所)は閉館。体育館は和泉市・泉大津市(体育館閉鎖情報)は閉館。堺市はトレーニングジムのみ利用停止。堺市で高石市と同じ(株)ボーネルンドが開設している子育て施設も利用停止です。

私はこのことを3月議会の予算委員会および一般質問で指摘し、感染拡大を防止する観点から他市と同様の対策が必要ではないか、と求めました。しかし、今日現在では全ての施設はオープンしていました。

施設が閉まっている周辺市からも多数ご利用いただいている、という指摘が他の議員からもありました。市立の施設がクラスターになる可能性を心配します。メルケル首相の言う「出来る限りのリスク回避」が必要です。

子どもや高齢者の居場所の確保も必要です。でも感染拡大の危険を冒してまで優先すべきこととは私は思いません。冒頭に書いた大阪府教育長の指摘も重要です。皆様はどのように考えられますか?

議会終了!

【残念ながらネット中継が出来なかったようです(:_;)】

前日のブログに「ぜひ中継をご覧ください!」と書いたのですが、なんと機材の不具合で中継が出来なくなり、録画配信も今のところ出来ていません。事務局に問い合わせると1週間以内にはなんとか、とのこと。アップされるのを待ちたいと思います。

さて、一般質問の内容です。冒頭では3・11の東日本大震災で関連死も含めて亡くなられた方々への哀悼の意を表しました。つづいて、コロナ対策で、いまだに市立体育館でのトレーニングルームを利用可としている件について言及。もしも感染者が出た場合、閉鎖は必至。しかし、市立体育館は災害時福祉避難所。閉鎖中に災害が起きたら対応できるのか。リスク管理上、問題はないのか再チェックを、と指摘。また、寝屋川市のようにフェーズに応じた対応を予め市民に示しておいてほしい、と要望。同市は保護者が日中家に居ないなどの事情がある児童には学校で給食も提供しているそうで、そのことも紹介。

そして、昨日もブログに書いた通り、イエナプラン、小規模多機能自治についての紹介と導入検討について発言。市長から「前向きなご提案を頂いたと思っている」という趣旨の答弁がありました(多分、そのように言うてはったかと。録画でチェックできないので不正確かも^_^;)。めったに肯定的な答弁を頂けないので、ちょっとホッとしました!傍聴に来て下さった方からも「市長から良い答弁がありましたね」と言って頂きました。ただやっぱり早口だったようで「聞き逃さないよう、必死で聞いてました」とのこと。反省反省(>_<)。

今日は控室の片付けに登庁。いつも議会後は書類が散乱!一日では片付け終わりません。明日は議会改革推進会議。少しずつですが、高石市議会も改革が進んでいます。

明日10時より私の一般質問です!

色々あって長く感じた3月議会も明日で最終日となりそうです。朝10時から私の一般質問が始まります。傍聴に来ていただくのは時節柄お勧めできないので、ネット中継を是非ご覧ください。コロナ騒動で色々な所に大きな影響が及んでいることに心を痛めつつ、なんですが、質問準備はしっかりとして、行政に確認し提案をする予定です(コロナ対策の要望もします)。

質問のひとつめは、高石市の教育について。オルタナティブ(もうひとつの)教育と言われるイエナプランについて紹介し、学校が子ども達にとって居心地の良いものに変わることで、本当の意味での「主体的・対話的で深い学び」(←文部科学省が呪文のように唱えている新学習指導要領などで重視される考え方)が可能になることを提案しようと考えています。いじめや不登校、成績の伸び悩みなど高石の教育を巡る課題は多くあります(全国共通だと思います)。少しでも解決の糸口になれば、と願います。

【3月6日(金)は、この委員会を傍聴しました】

続いては、全国でじわっと広がる「小規模多機能自治」という取り組みを紹介し、高石市でも小学校区を軸として多くの機能を統合し、住民自治=予算も交付され地域のことは住民で決めて実行すること=を実現させる仕組みの導入を、こちらも提案しようと考えています。自治会や婦人会、子ども会などの組織は残しつつ、分野横断型の地域の集合体のイメージを私は持っています。

いずれのテーマも、実現にはかなりの準備が必要な内容です。急に言って急に「そうですね」とはならないのですが、今後の方向性として少しでも考えて頂く、そして、どこか一部分でも可能なら導入して頂くことが出来たら、と思っています。YouTubeでの傍聴、よろしくお願いいたします。

市からの文書

【本日、小中学校で配布予定のプリントです】

クラブ活動・元気広場も中止、とのことです。まあ、本体の学校がお休みなんだから当然ですよね。外出も控える、となると、子ども達がゲーム漬け・テレビ漬けになることが心配です。学習保障としてプリントなどを配布する市もあるようです。高石市もプリントなどで対応を予定しているそうです。

何よりも心配なのは保護者が日中仕事などで留守の家庭ですが、高石市は「あおぞら児童会」を夏休みと同等対応で開設してくれるので、その点は本当に良かったです。

学校の対応について

高石市の方針が出ました。ウェブには休校のことのみが載っていますが、放課後児童クラブ「あおぞら」は実施されます。夏休みと同等の対応(8時~19時)とのことです。公立幼稚園、公立保育所、松の実園は通常通りの保育あり。民間の幼稚園・こども園も現在のところは通常通りとのことです。

公民館・体育館・文化ホールなどは使用できます(イベントは中止)。

卒業式は予定通り実施。ただし、子ども1人につき保護者は2名までの参列として、来賓はなし。

現在までで入手できた情報を、とりあえずアップします。